GDUタイプの炭化ケイ素発熱体

U型炭化ケイ素発熱体の基本特性:U型炭化ケイ素発熱体は、共通のコールドエンドを持つ2つの炭化ケイ素発熱体から合成されます。Uタイプの炭化ケイ素発熱体は、炉の一端で電源コードに接続できます。主に高温炉や平均炉内温度要件の高い炉に使用されます。その特徴は、省電力と長い炉寿命です。


製品の詳細

製品タグ

U型炭化ケイ素発熱体の基本特性:U型炭化ケイ素発熱体は、共通のコールドエンドを持つ2つの炭化ケイ素発熱体から合成されます。Uタイプの炭化ケイ素発熱体は、炉の一端で電源コードに接続できます。主に高温炉や平均炉内温度要件の高い炉に使用されます。その特徴は、省電力と長い炉寿命です。

炭化ケイ素発熱体は、焼成中に焼成物から揮発する多くの化学物質と反応します。水、水素、窒素、硫黄、ハロゲン、溶融アルミニウムなどのガスと反応すると、アルカリ、塩、溶融金属、金属酸化物が接触すると、反応、腐食、酸化する場合があります。したがって、炭化ケイ素発熱体の寿命を延ばす傾向がある正しい使用方法、およびそのより高い加熱温度と高さを習得することが非常に重要です。

 

1.炭化ケイ素発熱体は機械的強度が高く、曲げ強度は100〜120MPaと高い。   

2.高い表面温度は1500度に達する可能性があります。   

3.高い赤外線放射率、等径の炭化ケイ素発熱体は、通常のニッケルクロム線の5〜10倍です。   

4.長寿命、簡単な設置とメンテナンス。  

5.炭化ケイ素発熱体は、耐酸化性、耐食性に強く、耐熱衝撃性に優れています。

 

テーブルからサイズを作ることもできますので、ご希望のサイズをお知らせください。

直径(D) ホットゾーン(L1) コールドゾーン(L2) 距離(E) ブラッジ 抵抗
直径(D) LONGL3
14 200 250 40 14 54 2.4-4.6
14 250 300 50 14 64 3.0-6.0
14 300 350 60 14 74 3.6-7.0
16 200 250 40 16 56 1.4-2.8
16 250 300 50 16 66 1.8-3.6
16 300 350 60 16 76 2.0-5.0
18 300 350 60 18 78 2.0-5.0
18 400 400 70 18 88 2.8-5.8
18 500 450 75 18 93 3.6-7.2
20 250 300 50 20 70 1.8-3.6
20 300 350 60 20 80 2.0-5.0
20 400 400 70 20 90 2.8-5.8
25 400 400 70 25 95 1.6-3.4
25 500 450 75 25 100 2.2-4.4
25 600 500 80 25 105 2.6-5.2
30 600 400 70 30 100 1.4-2.8
30 700 450 75 30 105 1.6-3.2
30 800 500 80 30 110 1.8-3.6

  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください