technology
メモを使用します(詳細を読むにはクリックしてください)

1.パッキンを開ける前に、同じバッチで炭化ケイ素発熱体の抵抗を確認し、同じ相に最も近い抵抗を入れます。これにより、炉の温度がより均一になり、コールドゾーンに書き込む抵抗になります。

2.炭化ケイ素は硬くて脆い材料ですので、取り付け時に固定しようとせず、できるだけ可動にできるようにしてください。つまり、取り付け後に可動になり、簡単に外れるようになります。炭化ケイ素発熱体は、ぶら下がりまたはフラットで取り付けることができます。

3.炭化ケイ素発熱体コントローラーはサイリスター制御を使用しているため、電力を調整できます。コントローラーの定格電力は、炉の定格電力の2〜3倍にする必要があります。これにより、炭化ケイ素発熱体の寿命を延ばすことができます。より良い方法で。

4.炭化ケイ素発熱体のサイズと抵抗に応じて、適切な配線方法を選択します。

5.新しい炭化ケイ素発熱体は、加熱プロセスでゆっくりと出力を増加させ、炭化ケイ素発熱体の温度と炉の温度の差を最小にして、炭化ケイ素発熱体の寿命を延ばす必要があります。炭化ケイ素加熱要素を取り付けた後、次の方法での電力伝送:最初に電力を設計電力の30%〜40%に設定して、20分〜40分予熱し、次に、設計電力の60%〜70%に増加して、インキュベーション20分〜30分後炭化ケイ素発熱体と炉の温度のバランスを取り、次に電力をゆっくりと増加させ、温度が目的の温度に達するまで電圧と電流を記録します。これは、炭化ケイ素発熱体の通常の使用電圧と電流です。この電流範囲内自動温度制御に設定することができ、抵抗が大きくなったときに適切な電圧を上げて、炭化ケイ素発熱体を維持する n安定した電力

6.炉の準備ができたら、炭化ケイ素発熱体を加熱するときに、次のように表を設定します。送信電力が通常電力の40%の電力を使用し始めるように設定されたら、20分間加熱してから、温度を目的の温度に上げます。 10分から30分の間、保持時間を設定します。

7.炭化ケイ素発熱体を使用する際に、入力電力が一定の場合、抵抗がゆっくりと大きくなる(電圧が大きくなり、電流が小さくなる)ため、電圧や電流を確認するだけではいけません。その後、温度は一定です。

8.数ヶ月の使用後に炭化ケイ素発熱体が損傷した場合は、新しいものに変更しないでください。使用済みの炭化ケイ素発熱体に変更してください。使用すると抵抗が大きくなるため、新しいものの抵抗が大きくなります。小さすぎる場合、新しいものを使用すると、使用済みの炭化ケイ素発熱体と温度が異なるため、使用済みのものを変更して、加熱要素の抵抗を近づけることができます。使用済みの加熱がない場合要素、すべての加熱要素を新しいものに変更してください。その後、必要なときに使用済みの要素を変更できます。

9.発熱体を使用すると抵抗が大きくなります。電圧が最高に達したときに温度が満たされない場合は、直列接続を並列接続、スター接続をデルタ接続に変更するなど、接続を変更してください。コントローラに応じて接続を変更する必要があります。

10.炉内の金属酸化物やスラグなどは、時間内に除去する必要があります。発熱体を接続して損傷させた場合に備えて、炉内に保管しないでください。

11.連続使用は断続使用よりも寿命が長くなります。

12.加熱したいものは、発熱体の焼き付きを防ぐために、水分含有量が高すぎないようにしてください。アルカリ性物質との直接の接触を避けるようにしてください。

13.炭化ケイ素発熱体表面の温度は1550℃を超えてはなりません。

コーティング(詳細はクリックしてください)

SICTECH炭化ケイ素発熱体コーティングは、炭化ケイ素発熱体の製造後にホットゾーンの表面をコーティングする一種の合成フィルムであり、特別な使用環境で炭化ケイ素発熱体の寿命を延ばすことができ、ガスから分離することができます炭化ケイ素発熱体の経年劣化を加速するため、炭化ケイ素発熱体を保護するため、コーティングの詳細については、次の概要を参照してください。

1. Tコーティング:このコーティングは、通常の使用でより低い酸化速度に使用され、炭化ケイ素発熱体を30〜60%の寿命に延ばします。

2. Dコーティング:このコーティングは窒素の場合に使用されます

3. Sコーティング:このコーティングは三相ロッド(W型炭化ケイ素発熱体)フロートガラスに使用されています

4. Qコーティング:このコーティングは、蒸気または水素の場合に使用されます

 

雰囲気 効果 対策 おすすめのコート
蒸気 ヒーターの寿命は、乾燥した屋外条件下で予想寿命の5分の1未満に短縮されることがあります。 新しい炉を始動するとき、または長い停止の後に使用を開始するときは、低温で水分を十分にパージした後、温度を上げることが重要です。 Qコート
水素ガス 水素ガス雰囲気で温度が1350℃を超えると、抵抗が急激に増加し、機械的強度が急速に低下します。ただし、耐用年数はガスの水分強度に大きく依存します。 炉内は1300℃以下の温度で使用することをお勧めします。表面荷重はできるだけ小さくすることをお勧めします。(5W / cm2)
窒素ガス 窒素ガスは炭化ケイ素と反応し、温度が1400°Cを超えると窒化ケイ素を形成し、これにより耐用年数が短くなります。水分は水素の場合と同じです。 炉内は1300℃以下の温度で使用することをお勧めします。表面荷重はできるだけ小さくすることをお勧めします。(5W / cm2)。 Dコート
アンモニア変換ガス(H275%)、(N225%) これは、水素ガスや窒素ガスの場合と同じです。 炉内は1300℃以下の温度で使用することをお勧めします。表面荷重は可能な限り小さくすることをお勧めします。 Dコート
分解反応ガス(N2、CO、CO2、H2、CH2等) 分解された炭化水素は発熱体の表面に付着し、炭化水素を含む雰囲気で短絡を引き起こす可能性があります。 時々炉内に空気を入れて炭素を燃焼させる必要があります。電気炉は、短絡を防ぐために、EREMA発熱体の間隔を広くして設計する必要があります。 Dコート
硫黄ガス(S、SO2) EREMAの温度が1300°Cを超えると、発熱体の表面が損傷し、抵抗が急激に増加します。 1300°C未満で発熱体を使用してください。 Dコート
その他 鉛、アンチモン、アルカリ、アルカリ土類などのハロゲン化物や酸化物など、煆焼中に加工物から放出されるさまざまな物質が、加熱要素に付着して腐食することがあります。 事前に加工物から取り除くか、排気口を設置して排気することが重要です。 Sコート
Sコート
電気的性質、化学的性質(詳細はクリックしてください)

SICTECH炭化ケイ素発熱体は、一般に、徐々に酸化され、シリカが形成され、使用中に劣化と呼ばれる電気抵抗が増加します。この酸化反応は、次の式で示されます。

SiC + 2O2→SiO2 + CO2

炭化ケイ素(SiC)は大気中の酸素(O2)と反応し、発熱体の表面が徐々に酸化して絶縁体であるシリカ(SiO2)を形成し、その量が増加します。これにより電気抵抗が上昇します。酸化は温度が800°Cに達すると起こり、温度が上がると加速します。使用の初期段階では急速な酸化が起こりますが、酸化速度は徐々に低下します。耐用年数の限界は、その抵抗が初期抵抗の約3倍に増加したときであることが示唆されています。(LDとLSの寿命は、抵抗が元の値の2倍に達するまで続きます)。その理由は、約3倍に達すると、各要素の抵抗の変動が大きくなり、1つの要素あたりの熱分布が悪化し、炉内の温度分布が非効率になるためです。寿命は、抵抗の増加だけでなく、強度の低下による見かけの気孔率の変化や破壊損傷を引き起こすため、注意が必要です。