• banner
  • SICTECH MHD炭化ケイ素発熱体は、中国および海外で最新の加熱技術を採用しています。最高気温は摂氏1625度に達する可能性があります。密度が高く、気孔率が低い。有害ガス、水蒸気、金属酸化物の侵食に効果的に抵抗できます。経年劣化速度、使用時間の延長、交換頻度の削減、ユーザーの製造コストの削減、ガラス、電子機器、貴金属材料などの要求の厳しいサ​​イトに適しています。
    Huanneng SICTECH炭化ケイ素発熱体は、さまざまな加熱体の材料と構造、中空管状発熱体、固体加熱要素、スパイラル加熱要素を提供でき、顧客の要件に応じて設計できます。SICTECH炭化ケイ素発熱体は、さまざまな炉の製造環境に応じてさまざまな表面コーティングを提供することもできます。水蒸気、窒素、水素、アルカリ性ガス、金属酸化物などの揮発性ガスを効果的にブロックし、有害なガス揮発性物質による炭化ケイ素発熱体の侵食を効果的に低減します。

    体格的特徴

       

    特徴項目

    単位

    タイプ

    GD / U / W

    HGD

    LS / LD

    プレテンション密度

    3.2

    3.2

    3.1

    かさ密度

    2.5

    2.58

    2.8

    見かけの気孔率

    %

    23

    20

    5

    曲げ強度

    25℃でMPa

    50

    60

    98

    比熱

    25℃〜1300℃でkj / kg +℃

    1.0

    1.0

    1.0

    熱伝導率

    1000℃でW / m +℃

    12-18

    14-19

    16-21

    公称抵抗

    1000℃でΩcm

    0.08

    0.1

    0.016

    熱膨張係数

    1000℃(X10-6 /℃)

    4.5

    4.5

    4.5